2011年6月11日土曜日

九分 

台北市内からバスで1時間、
千と千尋の神隠しの舞台「九分」へ





昔、炭鉱だった静かな町に、芸術家が移り住み、今は観光地として有名になったそうな。



非常に小さな町で1時間もあれば十分見て回ることができます。




ここが、千と千尋の神隠しの湯婆婆のお茶屋さん♪








湯婆婆のお茶屋さんからの眺め、

海の近くなので、景色を一望できます。
素敵な眺めに美味しいお茶と菓子で、満喫なところ、



潮風とともに、ん?!近くの建物からペンキの匂いが



塗り過ぎなくらいに匂いがきつかった・・・








坂がどこも結構きついので、シューズで来て正解でした。




梅の甘いお菓子と黒ゴマ、白ゴマ煎餅、中に餡の入った茶菓子




台湾2泊3日の楽しい合宿旅行の最終日はこれにておしまい!