2007年10月13日土曜日

10/12陽気なフランス人





神楽坂にあるFRENCH-DININGに夜ご飯を食べに行った。
店員はフランス人でとってもフレンドリー。日本語も達者ではあるが、客にフランス語で接し、かつ
丁寧にフラ語を教えてくれるので、フラ語を習いたい人には、もってこいのお店かもしれない。
私はフラ語とは無縁の生活をしており、店員に言われるがままにメニューを読み上げたのだが
発音がなってないらしく、何度も言いなおされた。orange オレンジの”エール”の発音のところ。

料理は、私がメインに注文した牛肉のフィレ肉や友人の牛のほほ肉のワイン煮込み
など、肉の厚みがあってボリュームがあり、コース(前菜・肉or魚メイン・デザート・コーヒー)
をオーダーしたのだがそれだけでも十分。

でも、店員のフランス人が是非Fromageも食べて、と半ば強いられる感じで追加オーダー。
チーズはフランスの週末の家庭料理では、前菜、メイン、チーズ、サラダ、そしてデザートの順で
食事を進めるらしい。サラダは前菜ではないの??と質問したら、チーズの後にお口直し
にサラダでさっぱりと〆るらしい。なるほど。
店員さんと楽しく会話しながら(フラ語も上達するだろう??)美味しいフレンチを楽しむには
良いお店だ。