2007年10月6日土曜日

10/5麻布のシンガポール




南麻布にある海南鶏飯食堂(ハイナンジーファンショクドウ)http://www.route9g.com/menu.htmlに夕ご飯を食べに行ってきた。

シンガポール料理屋さんで、各国のアジアフードはいろいろとあるけれど、シンガポールといえば、あまりみかけないような気がする。。

メニューは、シンガポールの国民色を反映しておりインド、マレーシア、中国料理の影響をうかがえるものだった。どれも美味しく、しかも麻布という場所柄の割にはとてもリーズナブルでお店は予約をいれおかないとなかなか入れない程に混んでいた。

お勧めはハイナジーファン(湯で鶏とジャスミンライス、チキンスープのセット)、食べ方がテーブルの上に敷いてあるシートに書いてあるのでそれを見ながら上手に食べる。料理全般的に、タイ、中華に近い味ではあるが、初めて食する味のものばかりであった。ナンブラーやココナッツミルクが使用されており、見た目は真赤で辛そうなものでもココナッツミルクが使用されているのでまろやかである。インド系でいえば、南インドカレーがヴェジ、豆、チキンの3種類用意されており、ブレッドはパロータ(ロティをバターで焼いた、パイ生地みたいなもの)と一緒に食すことができたりとインドフリークの私としても満足のいく内容だった。

珍しいといえば、スプーン置き!箸置きは知っているが、スプーンの下にかわいいスプーン受け皿がおいてあり、ふむふむ。なるほどね~。と感心。

美味しい晩餐なり。