2007年9月24日月曜日

9/23舘山・ディズニーシー



遅めの朝食を食べ、ハンモックでごろごろした後、11時過ぎに舘山のホテルをチェックアウトした。
東京には、13時前に着き、2時間足らずで戻ってきた。
さて、15時から入園できるスターライトパスポートを購入してディズニーシーへ!
ほんとは、ハロウィーンパーティーをしているランドに行きたかったが、ディズニーに問い合わせた
結果、ランドは非常に混雑しており、シーならば、比較的空いてるとのことだった。
連休中日でどんなものだろうと思っていたが、確かに、シーは思いの他、混んでいないようだった。
でも、ファーストパスはインディ・ジョーンズ・アドベンチャーの21:10~しか取れなかったけど。
頑張って舘山帰りからディズニーに来たけど、やはり身体は疲れているので、あんまり並ばなくても
見て楽しむことのできるSHOW系をみることにした。

今回を入れて3回、シーに足を運んでいるが、新しい発見(お気に入りのアトラクション)があった。
アラジンのところにあるシンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジはリニューアルオープンとあり、
ランドのイッツア・スモールワールドみたいな感じで、アラジンのストーリーをとってもかわいい目の
表情豊かなキャラクターが出迎えてくれるのをボートに乗って回るのである。

ビッグバンドビートは、大そう感動した。テーマパーク内のSHOWとは言え、本格派ミュージカル!
このSHOWを観るだけでも、入園料は支払う価値以上の物だと思えるくらい大満足の代物!!
また、見たかったけど、観た18:45のSHOWがその日の最終公演だったので、次回来る時には
必ずまた観たい!
SHOWを見たら疲れが吹っ飛び、また元気になって園内をあちこち歩き回り、お目当ての食べ物
(ブラックペッパーのポップコーン→何故か、他の味のポップコーンよりスーベニアバケット付きの
値段が¥800と安かった。ストロベリー、シーソルト‥¥900、スーベニアバケットのキャラクターによって違うのかなぁ。)やアトラクションに並び、夜のブラビッシーモSHOWを満喫。
21時過ぎてしまうと殆どの食べ物屋さんが終了し、急ぎ足で開いているレストランを探した。
ロストリバーデルタのミゲルズ・エルドラド・キャンティーナでパエリア、タコスなどを注文。

結局、インディー・ジョーンズの21時過ぎのファーストパスで乗り、22時閉園までいた。
22時30分頃までお店にいたが、とっくに閉園時間過ぎてるにも関わらず、
ディズニーのスタッフさんは、”ゆっくりお買い物して下さい”と自分の仕事時間がどんどん
遅くなってしまうのにも関わらず、お客様のこと第一で、凄い教育がなされてるのだなあと
ディズニーに感心した。お客に不快な想いをさせない。

やっぱりいつ行ってもディズニーは夢の国なのですなあ。